幼い自分が未来に宛てて送った封筒

近年では、宛名が手書きの封筒をめっきり見かけなくなりました。
自分のところに届く封筒はパソコンで印字されたものばかりで、そんな自分自身も、ペンや鉛筆をとって文字を書く機会が随分減ってしまいました。
友人や家族との連絡は専ら携帯のラインやメール。
誰かに宛てて手紙を書く機会もなければ、封筒に名前を書くという行為もほぼなくなってしまいました。
そんな生活の中で、唯一自分宛てに手書きの手紙をくれるのが、わが子です。
つたない文章で一生懸命書いた手紙を、お気に入りの封筒に入れて丁寧に宛名まで書いて渡してくれるのです。
郵便局経由でポストに届く封筒ではないにしても、こんなに嬉しい封筒はありません。
そんなわが子からの手紙を受け取るたびに、ふと思い出す封筒があります。
自分が、わが子と同じくらいの年齢の時に、成人した自分に宛てて書いた手紙です。
タイムカプセルと呼ばれる、将来の自分に宛てた手紙や物をしたためた箱を、土中に埋める儀式のために書いたものでした。
経験したことがある人もたくさんいるであろう、この儀式。
自分の場合は、小学4年生だった10歳の頃に、20歳になった自分に宛てて手紙を書きました。
成人式の後に同級生で集まり、このタイムカプセルを開け、自分の手紙を見たあの時の感動を思い出すのです。
自分に宛てたその封筒の字を見た瞬間から、こみあげてくるものがありました。
たった10年。
されど10年。
封筒に書かれた、10歳の自分が書いた自分の名前が、初々しくもあり懐かしくもあり、何とも言えない複雑な気持ちが一気にこみ上げてきたのです。
自分の字のはずなのに、自分の字じゃないという不思議な感覚を味わいました。
中身を読めば、さらなる衝撃が自分の中を駆け巡りました。
20歳の自分が、結婚していることを想像して書かれているうえに、20歳になるまでに幼い自分が描いた夢をすべてかなえている内容。
そのスケールの大きさに、感服しながらも、おもしろおかしくてしかたありませんでした。
あまりに強い衝撃を受けたことで、その時の封筒や色までしっかりと脳裏に焼き付くことになったのです。
と同時に、その手紙を書いた時のことまでよく思い出します。
子供の頃から字を書くことが得意ではなかった自分は、このタイムカプセルの話を聞いた時から、正直乗り気じゃありませんでした。
字を書くことが好きじゃなかったため、もちろん友達に宛てて手紙を書くことがなく、同級生たちが持っているようなかわいらしい封筒をいっさい持っていなかったのです。
字を書くのが好きではないうえに、かわいらしい封筒を持っていないことが、自分からやる気を奪った原因でした。
他の女の子たちは、自慢のかわいい封筒を持ち寄り、それぞれ品評会のような座談会を開いているのに、それにまったく参加することができませんでした。
母に相談すると出されたのが、真っ白い線しか引かれていないような地味な封筒。
これでは恥ずかしいと、ダダをこね、やっとの思いで買ってもらったのがタイムカプセルに入ることになった封筒でした。
なぜか、当時好きだったと思えない色の封筒で、薄いグリーンにクローバーの絵があしらわれたものでした。
10歳の頃に書かれたこの手紙は、もちろん現在でも大切に保管しています。
この封筒を手にするだけで、その封筒を手に入れるまでのいきさつや、その封筒に書かれた自分宛ての手紙の内容など、すべてを一気に思い出すのです。
そして、わが子から自分に宛てられた封筒を見ても、この手紙のことを思い出します。
何気なく封筒に書かれた自分の名前が、愛おしくもあり、懐かしくもあり、こんなに重みのある手紙はないのではないかと思ってしまいます。
封筒は、手紙にとってその「顔」でもあり、それを見るだけでいろんなことを思い出せてくれる大事なものです。
なかなか手紙を書かなくなった今ですが、できるだけ自分自身でも誰かに何かを思い出してもらえるような、そんな手紙を封筒にしたためることができたらいいなと思う日々です。